思い出すのは倖せそうな笑顔ばかり
『永遠の僕たち』
ガス・ヴァン・サント監督(2011年 米)

死にとり憑かれた少年、見知らぬ人のお葬式に参列、そこで出会うふたり、彼女は会うといつも素敵な笑顔で迎えてくれて超キュート♪…まるで『ハロルドとモード』(1971)みたいなんだけど、今作の少年のお相手はおばあちゃんではなく、ベリィショートで少年みたいな美少女。

『グッド・ウィル・ハンティング』(1997)で大いに感激したのに、それ以降のガス・ヴァン・サント監督作品を殆ど見てなかった。いつも綺麗な男の子が出てくるし、とても気に掛けてはいたんだけど、何故だか。だから、未だに4作しか見てないけど、彼の映画にはとても親しみを感じてしまう。私もまた、死にとり憑かれている者だから。母子ともに駄目かも知れないと云われて父を卒倒させ、結局生まれたときは死んでいた(祖母談)らしい。でも、 まぁ、お陰様でなんとか母子ともに元気で現在に至るけれど、さいしょにくっついてきた死がずっといる。とても身近で、どうかするとホッとする安堵のようにやさしい存在。この映画の中では幽霊として登場する日本兵みたいに。

折角出会ったけれど、ふたりに残された時間は長くはなかった。だけど、いっしょに過ごした日々の記憶は永遠。だから笑顔できみの思い出を語るよ***そんな素敵な少年を演じたのはデニス・ホッパーの息子。父親の面影が濃過ぎて(特に目!)物語とは別の次元でもうっかりホロリ。見逃さなくて好かったっ♪

[2012.1.18 TOHOシネマズシャンテ(日比谷)にて]

2012年1月21日 記