男前&美女も重要なスキル!?
『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』
ブラッド・バード監督(2011年米)

さて、新年一発目の君の任務だが『ミッション:インポッシブル4』を見てシネ丼に原稿を書くことだ!ま、こんな風に毎日自分で指令を出して私たちは日々過ごしてゆくのだが、この映画の中のひとたちは上からの指令に従ってやり遂げるのが仕事。云われたことをやるだけでいいんだから楽じゃん!それでお金がもらえていいじゃん!と想ってしまうけれど、それが「クレムリンに潜入せよ。」とか云われてしまうと、「え~っ (;´д`)」である。けれど、この映画の主人公らは鍛えあげられた並外れたスキルとド根性で不可能かと想われる任務をこなしてゆく。どんなアクシデント にも対応できる能力も持ち合わせているので安心だ。然し、もし失敗してしまったら確実に死ぬくらいの指令ばかりだが。

新春初映画はやっぱりアクションものがいいな♪美女ふたりの対決(?)には萌え♪だったし、『ミレニアム』のミカエルも出ててうれしかったし、あの曲がシタールで演奏されてて笑えたし、不可能だと想われたミッションも達成する(ネタバレじゃないよね?これ有りきだよね!)し、それなりに満足でしたよ。でも、『コネクテッド』には全然及ばぬ。ぎりぎりまでどっちを見るか迷った香港アクション映画の方にすればよかったかなぁ(^ェ^;)今回のミッションは少々不完全燃焼?

[2012.1.4 新宿ミラノ1にて]

2012年1月6日 記