春巻きが最重要小道具の、ド派手な武侠映画♪
『劍雨』(邦題:レイン・オブ・アサシン)
蘇照彬(スー・シャオピン)監督+呉宇森(ジョン・ウー)監督
(2010年中国・香港・台湾)

公開後さいしょの水曜日(女子は千円)。私が速攻見に行ったとしても当然の中華系アクション映画・・・でも、ウソンくん目当て。鄭雨盛(チョン・ウソン)が出てなかったら二本立て待ちだったかも?
『新上海灘(「上海グランド」1996年)』(この映画で初めてウソンくんを見たんだけど、ラストに一瞬だけ登場するなり「誰!?」と、劇場内が騒然と なってしまったと云う貴重な現象を体験したほど、《目が離せないオーラ》を持った稀有なナイスガイ♪)以来、久々の香港(+中国+台湾)映画出演。これ迄も香港映画スタッフと組んだ作品はあるけど、やはり出来が好い。相性がいいんだね!うれしい♪今作も洩れなく異様に面白いからっ!!!

主演は楊紫瓊(ミシェル・ヨー)。登場するなり声が違う。ほぼ三人の役者の声が変えられているけれど、物語上の理由があるから大丈夫。決して (あぁ、云いたいけど云えない!)じゃないのよ!と、ジタバタしてしまうネタバレ禁止の《吃驚!の顛末》が多発する映画です。主人公が所属していた暗殺組織のメンバーのキャラも各々異常に濃くて楽し過ぎます。「そんなに麺にこだわるか!? 余文樂(ショーン・ユー)!」とか、無茶なエロエロキャラの徐熙媛(バービー・スー)に「コラコラ」などとツッコみたくなってしまいますよ。メインは夫婦 になってしまう楊紫瓊姐さんとウソンくんなんだけど、意外にも健気な姐さんが泣かせるのよ、春巻きで。夫がそれを食べた時点で後の発言が不本意であることはバレバレなんだけど、それがまたいい。この手の作品では珍しい《ほっこりしたラスト》はウソンくんのお陰かな?特に女子に大いにオススメのアクション映画です♪何回でも見たいわぁ~・・・普段は「アクション映画は見ないわ」と云う方もこの機会に是非是非お見逃しな く!!

[2011.8.31 新宿武蔵野館にて]

2011年9月2日 記