ジブリアニメを見るジレンマ
『コクリコ坂から』
宮崎吾朗監督(2011年日本)

永遠に憧れてしまう女子は風の谷のナウシカ姫、『天空の城ラピュタ』は溺愛している。が、申し訳ないけれど、ジブリアニメには偏見を持っている。 「子供が見て楽しくないといけない。」って、勝手に。『おもひでぽろぽろ』、『紅の豚』、『もののけ姫』(どれも、好きです。)で、「ん?」っと云う想いはあったけど、ギリギリセーフ♪だった。然し、『千と千尋の神隠し』で激怒した。長い!長過ぎる(けれど、ラピュタより1分長いだけだし、もののけ姫よりは短い。然し、エピソードが詰め込み過ぎで、情報量が異常に多いから実際よりも随分長く感じてしまうのだわ)。休日、満員の映画館の半分は子供だった。どの1シーンを切り取っても、すっごくワクワクする面白い作品なのに、序盤ははしゃいで見ていた子供たちがだんだん飽きて愚図り出す。 私も可笑しいと想い始める。このシーンは要らないんじゃあ・・・?なんでこんなに長くするのか?素敵なエンディングでは、子供たちはもう眠ってる。これでは駄目だと想う。最後まで見てほしいし、楽しんでほしいと想う(見に連れてきた親としても。親じゃないけど。)。我儘か?

『ハウルの動く城』から、また、子供が見て楽しい♪が戻って来た。そして、「ジブリアニメ」はどうしても子供が見に来てしまう。『コクリコ坂から』 の試写会にも、チラホラだけど子供も見に来ていた。原作となった漫画は子供が読む少女漫画誌に掲載されていたらしいが、とても小さい子供が見て楽しめる物語とは想えない。大人には懐かしい昭和の街が舞台で(東京オリンピックの前年らしい)主人公の高校生男女のレンアイ中心に繰り広げられる、いつか見たような物語だから、しみじみ楽しめる。見ている途中で、「これ、アニメにする必要があったのかな?」とは想ったけれど、「これがジブリアニメじゃなかったら、 見に来てないなぁ・・・」って。

『魔女の宅急便』から、絵が美し過ぎて涙が出てしまう!と云う現象が唐突に始まった。今回も、絵にはもれなく感涙。物語がどうであれ、子供が退屈しようが泣き喚こうが、ジブリの制作スタッフは素晴らしい!!としか云いようがない***

[2011.7.9 試写会にて]

2011年7月19日 記