カッコいい!!が、いっぱい!!
『マチェーテ』
ロバート・ロドリゲス監督、イーサン・マニキス監督(2010年米)

お楽しみ二本立て映画『グラインドハウス』〈2007年/同監督&クエンティン・タランティーノ監督〉の中で、「予告用の映画」として予告だけ作ら れた4本のうちの1本が本当に映画化してしまったのがこれ。4本のうち、いちばん激しくて、大笑いして、見たくなってしまうやつだ!(個人的には愛しの ティム・ロビンスが出てた「Thanksgiving」〈←激ホラー〉が最も興味深かったけど~)

どうしてか、どうしてもB級映画の扱いを受けてしまうロバート・ロドリゲス監督作品だけど、どれもこれも、めちゃめちゃ解り易い話で、豪華俳優陣が 惜しげもなくとんでもない役で登場して、もれなく肉感美女と色白美女でウハウハで、コスプレで、えげつなさに大笑いして、私はいつも『《如何にも》な映画 を見たーーっっ!!』って、大満足してしまう。『マチェーテ』も勿論そうだったよ!それでも、やっぱり、私の年間ランキングでも上位に来ることがないのよね~(^ェ^;)いやはや、不思議。大好きなのに~~***

そんな『マチェーテ』が同じくB級扱いの『キック・アス』〈2010年/マシュー・ヴォーン監督〉と二本立てになってたんだけど、こちらも内容はめ ちゃめちゃメジャーで、《本物の》アメコミヒーローものと同じくらい・・・いや、それ以上に面白いかも!?なのに、なんだか悔しい感じ。(でも、このタイトルで「ハリー・ポッター」と同じ扱いをして~!とは云えない・・・(^ェ^;)よね。)そりゃ、とんでもないよ!とんでもない映画だけど、どっちも無茶苦茶面白いからっ。ややこしいこと考えないで見てみて頂戴なっ♪

またしても!の“大満足二本立て”を上映してくれて、新文芸坐さんどうもありがとう~***

[2011.6.11 新文芸坐にて]

2011年6月21日 記