空想すればするほど強くなる!?ならばよし!
『エンジェル ウォーズ』
ザック・スナイダー監督(2011年米)

劇場予告のインパクトに負けて見に行ってしまった。予告では救いのない物語のように想えたけど、あの戦闘シーンは何?何であんなコスプレ?気になるーーーっ!なら、見るしかない。

で、やっぱり救いのない悲惨な状況に追いやられてしまったおんなのこが現実逃避か?自己防衛か?で否応なく空想した世界の中で更に空想したのが、仲間と共にセーラー服に日本刀を背負ったコスプレで繰り広げるカッコいい戦闘シーンだったと云う訳なんだけど、空想の中でのコトがやがて現実とシンクロし始めて…。

原案も脚本も監督なので、やりたい放題です。都合のいい展開だなぁ~と想えるラストも、自分で書いてるからそれでいいのだ!だし、それゆえ破綻がないから最後まで見れて、ちょっといい話かも?とも想わせてくれるし。

戦うおんなのこ5人のセクシーなコスプレ、とび出す睫毛、ファイトシーン、見どころは満載なんだけど、もしか途中でついてゆけなくなったらNG!彼女たちといっしょに自由を手に入れることができなくなるわよっ!がんばって(がんばらなあかんのか!?)最後まで見られたひとだけに天使の微笑みが***

あ~、私もセーラー服に日本刀のコスプレしたいわぁぁ!(←うっかりこっそり「コスプレ好き♪」の無謀なつぶやき。)

[2011.5.1 丸の内ピカデリーにて]

2011年5月3日 記