勇気を出して「YES」と言えば、招福万来!?
『イエスマン “YES”は人生のパスワード』
ペイトン・リード監督(2008米)

新年好!新春一回目に相応しいものを…と言われて、これを。先月、二本立てで『フィリップ、きみを愛してる!』を見て、やっぱりジム・キャリーは100%コメディ作品でメリハリのあるチャカチャカした動き(『MASK』の彼を思い出してね♪)をしてくれてるのが最も愛おしいと再確認!それを久々 に堪能できたのがその前作の『イエスマン』です♪

友だちの誘いにも「ノー」、どんな頼みにも「ノー」、口から出るのは「ノー」ばかり。まったくやる気のない主人公に友だちが与えた助言で《全肯定セミナー》を覗いてみることになり、何事にも「イエス」と言ってみることで人生が素晴らしく変わると言われて…さてさて、どれだけ変わるのかは見てのお楽しみよっ♪

劇中のジム・キャリーが劇的に変わってしまうのは映画だから当たり前だけど、この話、「ノー」を「イエス」と言うわけだから、180度展開が変わる ことは必至。大概のことは「ノー」で気楽が、「イエス」で面倒が転がり込むから躊躇してしまうけど、勇気を出して「イエス」と言ってみると必ず何かが変わ る。それをプラスにするか、マイナスにしてしまうのかは本人次第だけど、この映画を見るとちょっと言ってしまいたくなるかもよ!『Yes,Yes!やっ てみようっ!!』って。
あたらしい年が始まってます。『イエスマン』を見て、前向きに各々の福をがっちり掴んでくださいね***

[2009.11.16 新橋文化劇場(東京)にて]

2010年1月8日 記