お馴染みの名曲が秘密の想い出の曲になります♪
『刑事ジョン・ブック 目撃者』
ピーター・ウェアー監督(1985年米)

7月13日に「ハリソンの誕生日だ!」と想うのも、ことしで33回め。数多のハリソン・フォードファン同様にハン・ソロを好きになって以来ずっと好きで、特に『フランティック』と『ワーキング・ガール』とこの映画のハリソンがヒーローでも何でもなくて、[素]ぽくて、セクスィー(部長?)でドキドキ ♪(インディアナ・ジョーンズもセクスィーなんだけど、S・スピルバーグが嫌いなので素直に好きだと云えないの…)

これは試写会で見たんだけど、(たまたま)ハリソンファンの友人と街を歩いていて、「試写会見ませんか?」と、呼び止められて見たと云う、謎の集客方法の試写会でしたよ。(後にも先にもこんなのはこれ一回限り!)当時はアーミッシュの集落の農村風景(怖い。トラウマで)の方が際立ってしまって苦手な 作品になってたけど、自宅でテレビサイズ(だと画面が小さいから怖くない♪)で繰り返し見てるうちに本当の良さが見えてきて…禁断の恋心にドキドキ*** もちろんベースはサスペンスなので文句なしに楽しめます♪未見の方はぜひ。

と云うわけで、先月また結婚したセクスィーなハリソンさんですが、お相手のキャリスタ・フロックハートが同い年(22歳年下だけど、もう40代半ば)なので、なぜだかうすぼんやりとうれしかったりする今日この頃なのでした***

[1985.4 大阪・難波の某所にて試写会]

2010年7月13日 記