監督のこころの中は誰にもわからない
『無極 The Promise』(邦題:PROMISE)
陳凱歌(チェン・カイコー)監督(2005年中国・日本・韓国)

日本からは真田広之、韓国からはチャン・ドンゴン、香港からは謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、中国からは劉[火華](リウ・イエ)が参加したアジア四大男前対決!(?)を陳凱歌監督が!なんて映画を見ないわけにはゆきません。ちょっとでも早く見たくて試写会で。(漫画家ですが、特にコネもなく、何枚 もハガキを書いて応募して当たったら行ける試写会ですよ)なのに…なんじゃこりゃ?

まったく意味不明の特殊視覚効果(VFX)で大味な印象を与え、ストーリーも部分的には気を引くけど、さっぱり心にも記憶にも残らず、美しい衣装が 美しい男たちを際立たせているところは見所だと想うけど、チャン・ドンゴンの扱いが酷過ぎる!ギャグだとしか想えない有り得ない役を熱演していて、笑うところじゃないから笑うわけにもゆかぬが笑うしかなくて…「仕事選べよ、チャン・ドンゴン」…となどと想わされてしまう情けなさ。とても『覇王別姫(さらば、我が愛 覇王別姫)』の監督の仕事とは想えず、首を捻るばかりの謎満載の映画でした。

どんな名監督でも人間だもの、魔が差すこともある(崔さんも…)でしょうけど、見せられる私たちは「わざわざ見に来てるのに、こんなもの見せやがっ て!」なんて、口にしたくもない悪態をつかされて辛いのよ…と、先だって試写会で【2点の映画】を見て久々に云ってしまったから、ここまで思い出してしま いました。そんなわけで、『無極』は見所満載です。暇が有り余ってたら、ぜひご覧ください***

[2006.2.10 東京厚生年金会館にて試写会(東京・新宿)]